「marjan sea」でマージャン

marjan sea

プロ麻雀士になるためには何をすれば良いのか?

麻雀のプロになるためにはプロ試験を受け、合格をすることでなることができます。プロ団体により、試験は多少異なってきますが、一般的にはまず初めに、履歴書や試験申込書等から審査され、次に筆記試験、面接、実技テストとなります。筆記試験では一般教養から、牌効率、麻雀での一般教養、点数計算となっています。牌効率とは聴牌に達する確率や早さのこと指しています。また、点数計算はゲームの運び方等を考える上でとても大切なものであります。次に、面接でこれは会社の面接と似たようなものであり、受ける試験で異なってきますが、志望理由や将来どのようになりたいか等を主に聞かれます。次に実践テストで、実際に対局をしていきます。順位があまり良くなったとしても受からないとは限りません。打ち方やマナーにマナーも見られているので、気をつけて行っていきます。また、それ以降も月に1度程度通って修正すべき点等を教えてもらい、5回行った後にテストというところもあります。

麻雀のプロになるための試験とは

麻雀にもプロがありプロテストを受験する事して全ての審査や試験に通過する事で初めて団体所属となる事が出来ます。最初の一次試験は書類審査となっていて履歴書や試験申込書に記載されている内容から合否結果が出ます。二次試験は2日間に渡って行われていますが1日目の筆記試験と面接に合格する事が出来た方だけが2日目の試験を受ける事が出来るといったシステムとなっています。筆記試験ではプロとして基本となる点数計算や相手の待ちを読む問題と様々な局面が想定されている条件問題となっています。面接の際に必要になる事は目立つ事ではなく合格したい思いや合格してからの方針といった事をアピールする事が大切となっています。また、二次試験からは実技試験も加わりポイントの獲得だけではなく打ち方やプレイ中のマナーが審査内容となっています。最終試験となっている三次試験では月に1度程度計5回麻雀に関する小論文の作成や打牌のフォームのチェックを行い審査基準を満たしている事で晴れて合格になります。参加者が多い事で競争率も高くなっていますが受験制限がない事で何度でもチャレンジする事が可能となっています。

check


俳優オーディション



最終更新日:2020/2/27

>>PAGE TOPへ